1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

学校選びは大事と思う訳

 

昨日は久しぶりに部活があって、
帰宅は遅いけれど、やはり本人にとって楽しく居心地の良い場所があることは重要だと思った。
息子の様子から。

本当にありがたく心から感謝。


例えば、月曜日には部活がなかったので
そうでない日にくらべると帰宅は早かったけれど、
かといって朝から学校に行って疲れていないわけではない。

その日の帰宅後の勉強では、
確かに、特に得意でも好きでもない勉強を
最初にしかも比較的長時間据えてしまったのも良くなかったのだけれど、
眠そうで機嫌も悪くて全くうまく進まなかった。

本人が前向きに頑張ろうとしてくれないと、
こちらも大声で力説してしまうのだけれど
効果的な学習時間になんてなりようがない。


比して昨日は、前日の反省から私も学習順序等の工夫もしたけれど、
やはり帰宅は遅くても
部活で自分の好きな人たちと好きなこと、楽しいことをしてきたという満足感が背景にあると
家での勉強も心地良く進められているように思えた。


我が家は小学校受験も中学受験も経験しているけれど、
「こういうのって大事」と伝えたい。

つまり、普通だったらこちらの学校に行けるなら行くよねとか、
偏差値的なものだとか、一般的な世間の判断・評価だとか、
そういった自分の外側にある基準に左右されないほうが良いということと、
学校選びのポイントはたくさんあるけれど、
その空気感や相性のようなものが
(入ってみないと分からない部分も結構あるのだけれど)
かなり勉強や日常生活、果てには人生にも影響を与えるということ。


人によるとは思うけれど、
息子などは本当に先生の雰囲気とか声の高さ・しゃべり方、人との接し方とか考え方とか、
学校内の "空気" とか、どんな人がいるかとか、
そういったことがかなり本人のメンタルやその他の物事に影響するタイプ。

ちょっとしたことの影響で本人も変化するから見極めが難しいところもあるけれど、
どんな環境が本人に適しているかは十人十色なので、
長い目で考えたいものだと思う。

そして私としては案外、親の勘のようなものが一番頼りになる気もする。

中学受験する人も増えているように見える。
私としては中学受験は大学受験とは違うので
無理に偏差値の上へ上へと目指すより
中学受験に向けた時期は、とにかくその先々を見据えて(人生は長いので)
本人と周囲の様子から適した環境を模索し見出す時期と位置付けたほうが良いのではないかと思う。

受験はまた、こうして仕切り直しのタイミングを提供してくれる。


部活だけでなく、通学中の中学校にはたくさん助けられている気分でいる。
本当にいつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。