1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

中一夏休みの英語 ~ちょっと様子見~

 

中一夏休みの英語。
この夏休みは数学・国語に注力し、英語は「ちょっと様子見」の科目になった。

夏休み序盤こそ、それまでと同様
数学・英語に時間をかけ国語はその次という感じだったが、
中盤以降の時間配分は 数学:国語:英語 = 5:5:2くらいになった。

 

学校の課題

 

学校では教科書として『New Treasure』、問題集として『PYXIS』が使用されている。

夏季課題は教科書のダイアログが抜き出された英作文プリントと『PYXIS』の指定範囲のほか、スタサプや『English Discover』の指定範囲で、
英作文プリントと『PYXIS』の指定範囲は2学期初の確認テスト対象になっていた。

 

当初の予定と変更

 

学校からの課題以外に、
当初は英語もこの夏休みは復習と先々進めるのと二層の取り組みにしようと考えていて、『新中学問題種(発展編)』(以下『新中問』)の1~3年を使用する予定にしていた。

PYXIS』は多少難解でクセもあるけれど、
王道の『新中問』は平易で典型的で構成も使いやすいからこれを使用することにした。
「発展編」には読解問題も多く収録されている。

復習となる範囲は全問題を、その先中3までの範囲については
まず各章の例文・解説・確認問題までを通してから
次は各章のSTEP1、2を解いていくといったやり方を想定していた。

ところがこの夏は休暇に入るところで床に臥すことになり
その後もしばらく様子を見ながら進めるような状態になったから、
英語も数学と同様、先々進めるほうはストップして
基本的にこれまでの範囲の復習だけを行うことにした。

nakataka.info

 

英語の場合、先々進める件については、
9月に入ってから1ヶ月程度と期間を絞り
内容がより端的にまとめられた『英検3級総合対策教本』をベースに
ポイントをかいつまんで確認していく方向に変更した。

 

慣れから論理へ

 

夏休みに入って間もないころ、学校の課題に取り組んでいたが、
英作文プリントはまだ中1も一学期の範囲だしこれまでやって来たものだから
本人も覚えていて簡単に何周も回った。

問題集についても、一学期分だからそれなりの量にはなったが
それでもやはりすでに何周かしている内容。

例えば、夏の間にこれらばかりグリグリと周回していれば
夏休み明けすぐにある課題テストの結果は良くなるかもしれないけれど
その場合「ただ何となくいつもの記憶で書けた」ということにもなりかねないと思った。

息子の場合は、中学受験に向けた勉強をしている際の算数などでも
本質的な理解ではなく形式的な丸暗記に陥ってしまい、
数値替えの問題は解けてもほんの少しひねられるともう解けないというようなことがあった。

またこの子の特徴かもしれないが、幼い頃から
何か本質的でないような情報に基づいて物事を記憶していることがある。

英語でも「いつもこうだから思わずこう書いてしまった。」と
何も考えていないようなミスをすることがある。

一学期の間はまだ英語学習が始まったばかりで
慣れも重要だし、覚えるほどに繰り返すことが有用だから
試験範囲を何度も繰り返してテストに臨んでいたが、
ここでちょっと一段上がってもらいたいなと感じた。

慣れているからできるのではなくて、ちゃんと考えて答えること。
問題集でも間違ったら間違いの内容などを明記し、その場で今後何に留意すべきか心に焼き付けその後同じ間違いを繰り返さないこと。

 

夏休み中の取り組み内容

 

夏休み中、序盤は学校の課題を進めた。

夏休み中における『PYXIS』の取り組みは、指定範囲の全問題の解きなおし一周と、次にこれまでに間違った問題のやり直しを一周だけ。

夏休み中盤に、教科書や『PYXIS』の既習範囲にある主要英単語を全部単語帳に書き出して軽く復習した。

それから、学習済の範囲に関してはリスニングを含め『新中問』の全問題を解いた。

課題の一つになっていた『English Discover』も『新中問』と同じ教育開発出版のもので、『新中問』の読解問題で使用されている文章が『English Discover』で解いた文章と同じだったりした。
(異なる方向から再び同じ文章に触れられた。)

その他、『でる順ターゲット 中学英単語1800』は夏休み序盤に一周したが
この「一周」はすべてちゃんと覚えたという意味では全くなく、ただ「一巡」しただけ。

 

英単語の暗記に関してはこれまでいくつかの方法を試して来た。
学校の教科書や問題集に出てきたものは自然と覚えていく感じだが、
それ以外のものとなると、単純に一対一対応で暗記しようとしても息子は苦手なようだ。

息子は文章の中で覚えて行くほうが良いタイプかもしれない...と思い始めているところ。
そういえば私自身もかつてZ会の『速読英単語』を重宝した。

読解の練習にもなるしリスニングもするし、単語の用法も自然と身に着く。
「暗記しよう」と思わなくても自然と理解していくというのが、息子には良いのかもしれない。

 

振り返り

 

英語の課題テストは2学期始まってすぐにあり、直後に返却されている。

今回は直前期に範囲を繰り返したりせず、そこから少し離れた。
それによって弱点があぶり出せたと思う。

内容を確認させてもらうと、問題は平易だった。
しかし息子はポロリ、またポロリと落としている。

間違った問題は別途ノートに書き出し、今後も確認できるようにした。
それから間違ったものの原因分析と今後の対応について書き出した。

まとめると主なポイントは3点で、
一つ目は単語について、綴りを正確に覚えることと品詞・用法も同時に確認すること、
二つ目は三単現の「s」を忘れないこと、
三つ目は文を正確に読む(見る)こと、そして書いた後確認すること、となった。

テストでの間違いは「今さらこれを間違う?」と驚くものばかりだが、
もしテストの直前まで同じ問題をくり返していたら、疑うこともなく正答してしまっていたと思うので、逆に少し離れて良かった。

例えば穴埋め問題の間違いについて、ある単語(形容詞)に関し
「テスト中にこれは一般動詞じゃないかと思った。」とのこと。(ビックリ)

これまでは "何となく" 正答していたのだろう。

その頃「Don't be noisy.」を「うるさくするな。」と訳したところでも
ふと「あれ? なんでbe動詞が要るんだろう。一般動詞じゃない? 『うるさくする』って動詞(サ変?)じゃない?」なんて言った。

「noisy」は「騒々しい」という形容詞、などと改めて説明するわけだけれど、
もちろんそんなことは以前にも話している。
また以前は特に何も立ち止まることなく正答している。

ここに来て改めて「おや?」と考える段に至ったのかなと思うと、
それも決して悪いことではない。

でもそういったことを踏まえると、
今後は単語一つを覚える際にも品詞や用法をもっと意識すべきかと感じられた。
(それが上記ポイントの一つ目、以下略)

 

問題集では単元ごとに内容がまとまっている。
だからそれを何周かするにしても、順々にやっていれば何も疑うことなく自然と正答できてしまうかもしれない。

でもそうなってしまうと、自分の頭を使っていないためあまり良い勉強時間と言えない。
確かにスラスラ答えられるまで繰り返すべきだけれど、本質的な勉強ではない。

学校の定期テスト対策というレベルであれば、
私のほうで範囲の問題をランダムに組み替え予想問題のようなものを作ることもできなくはないけど、正直面倒だなと思ってしまう。

だから何度も周回するのではなくて、最初の3周くらいが大切で
間違った際にはその原因を考え気を付けるべきことをしっかり理解・暗記する練習をしたほうがいい。

また、ある程度の理解ができたら
同じところに居とどまるのではなく様々な問題や文章に触れて
自分なりの本質的な理解、汎用的な力の獲得に努めるべきだと思った。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.inf

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。