1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

中一2学期中間試験中のエピソード

 

3日間続く中一二学期中間試験の、今日は2日目。
そんな試験期間中のエピソードを2つ。



本質的で汎用的な理解を求めて ~英語関連~

 

今回から英語のテストに別枠でリスニングが追加されている。
昨日「『ライティング』、『リスニング』って言うよね。」なんて突然息子が言いだした。

小学校時代の英語は音声中心でとにかくそれを苦手としていた息子、
「そういえば小学校の授業でも『ライティング』、『リスニング』と時々言っていたなぁ。」と今になって思うのだそう。

今なら文字として「write」、「listen」という動詞を理解しているし、その「ing」形だと分かっている。
でも当時の息子は英語の読み書きができず、意味が分からなくて
「『ライティング』、『リスニング』って何だろう、固有名詞かな、ってずっと思ってた。」なんてニコニコしながら言う。

我が家のマイペース息子の発言にはいつも驚くけれど、
笑顔でそんなことを話す姿に、思わずこちらも笑ってしまう。

小学校の六年間、英語の授業は雰囲気とフィーリングで何とか切り抜けた息子。
まぁ何にも分かっていなかったんだろうなと思う。

でもその分、今になって「あぁ、そういうことだったのか。」という感動が度々あるようだから、
それはきっと印象に残りやすく、今後も楽しく英語の勉強を続けていくことができるだろう。

さて、英語に関しては今回も、試験の直前に指定範囲だけをグリグリと繰り返すようなことはしなかった。
すると英語の試験の前日となった昨日でさえ、久しぶりの問題を解いていると、初歩的で単純な文法上の誤りを見つけた。

そこで私は改めて文法上のルールを説明する。

"何となく" 繰り返していれば、
その文を "何となく" 覚えていて
"何となく" 正解できてしまったりする。

でも、ある種の丸暗記に陥って、本質的な理解から遠ざかり
汎用性のないその場限りの知識になることを私は恐れている。

息子の場合、それはかつて算数などでも起こった悪しき状況だから。

今日は英語の試験の日。
試験中、自分の頭で考えて知識を運用し答案が作成できているかしら。

表面上の得点だけではなく、本人の状況をしっかり心で見守って
本質的な学びになるように、正しい前進になるように、
私こそ常に自分の頭を使い考えて伴走を続けていきたいと思っている。



成長したいと欲する気持ち ~数学関連~

 

中間試験時間割が発表されてしばらく経った頃、
「これ、悲しくない?」と、これまた息子がニコニコしながら私に話しかけてきたことがあった。

息子の通う学校では中学3学年分の試験時間割が一枚にまとめて発表されている。
私としても今後2、3年生になったらどんなふうになるかが見通せてありがたいと思っている。

さて、ニコニコしながら話しかけてきた息子が指さしたのは3年生の数学だった。
そこには東大クラス、難関大クラスとで試験時間が分けて記載されていた。

「早く帰れて嬉しいと思わなくもないかもしれないけど、
東大クラスの人たちがまだ試験中なのに自分たちは帰らないといけないって、ねぇ。」

そして先日のこと。
東大クラスのお友だちが「今回から数学のテストが別になる」って言っていた、と息子が言う。

「きっと東大クラスの人たちは先生から『君たちは賢いんだから、今回からテストを難しくするからね』って伝えられていると思うよ。
それを聞いて皆すごく頑張っているだろうね。」と私は言った。

「でも君たちはそんなこと聞いていないでしょ。『あまりできないので試験を別にします』なんて言わないよね。」と続けたら
「うん。やる気なくなっちゃうもんね。」と息子は言った。

そして昨日、またニコニコしながら
「今日の代数のテスト、はっきり『難関大クラス』って書いてあった。」と楽しそうに報告してくれた。

そしてまた寝る前に、中間試験時間割のあの箇所を指さして
「これ、悲しいよね。」と言った。

そして笑顔で言うのだ、
「頑張って上に行かなくちゃって思うよね。」と。

SAPIXに通っていた頃、かなり小刻みに成績順でクラスが序列化されていた。
でも息子はそれによって上に行きたいと言ったりやる気を見せたりすることはなかった。

でも今は、悲壮感もギスギスした感じも一切なく笑顔でありながら、
そんなマイペース息子が「頑張って上に行きたい」と言う。

様々な勉強法や王道と言われる学習計画、はたまた各人各様の対策を含め、多くの情報を調べ知ることはまず重要だと思う。
ただその上で自分軸を持ち、自分の頭で考え試行錯誤しながら自分のやり方を確立していくことが欠かせないだろう。

どんな環境もそれを活かすか否かは自分次第。
そして自分の成績、自分の人生に責任を持てるのは自分しかいない。

誰も責任なんて持ってくれない。
ただ私は、他人ではないからね、これまでの人生経験を踏まえつつ
どんなときだって必要とあればあなたを支えていきますよ。

私だって、できる限りの力と心で。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。