1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

中一2学期後半 ~中学校のキャリア教育~

 

秋も深まり日が短くなってきた。
息子の帰宅は以前より遅くなっている。

一学期に比べて、数学や英語の授業は進度が速くなっているように思える。
国語については数名のグループによるプレゼンの準備をしているようだ。
友人関係についても、一学期より広がりが増しているように感じられる。

 

ちょうど一週間前に2学期の中間試験が終了し
その翌日の先週土曜日には「ジョブ・コンテンツ」が開催された。

各方面でご活躍されている卒業生の方々が
ご自身の仕事等に関して講演をしてくださったようだ。

様々なご職業の方がいらっしゃる中で
お二人のお話をお聴きした息子は、
その日の帰宅後、興味深かったその内容を私にも教えてくれた。


息子はまだ何か一つの職業を心に決めたりはしていないようだけれども、
視野を狭めることなく柔軟な心で見聞を広めてもらえればと私は思っている。

このような機会をご提供くださる学校の先生方、
貴重なお時間を割いて素敵なメッセージをお聞かせくださった諸先輩方、
本当にどうもありがとうございます。

 

そういえば、かつて入社式でこんなお話をいただいたなと私は思い出した。
「皆さんは、社会人になることを『歯車になるみたいで嫌だ』と思っているかもしれません。
でもどうせ歯車になるのなら、ぜひとも大きな歯車になってください。」
そのような表現があったと記憶している。

私たちは社会的な存在として、一人ひとり役割分担をし、
それぞれの仕事は複雑に絡み合いながらもうまく連動し、社会が回っている。

周囲にも気を配り、正しい歯車として役割を果たすのは
それがどんな役割であろうとも大変で責任を伴うものであり、
そこにはやりがいもあると思う。

息子は今、毎日学校で多くの時間を過ごしている。
そこにおける人との関わりや学びは、すべて将来へ向けた人生の中で大切な経験になっていると思う。

 

最近は息子の帰宅も遅い。
私は数学や英語の勉強を一緒にしているくらいで、ちょっとバタバタしている気もする。

一週間前の「ジョブ・コンテンツ」のお話も
その日息子が楽しそうに教えてくれただけで、
その後それについて触れたり話を膨らませたりして来なかったなぁと反省。

毎日のお勉強も、将来を見据えた学びとして捉えればもっと楽しいかもしれない。
私もそんなことをちょっと気に留めながら息子と接するようにしたい。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

 

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

 

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。