1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

JET(ジュニア・イングリッシュ・テスト) 3 - 4 級

 

11月12日(土)に、息子は
学校でJET(ジュニア・イングリッシュ・テスト)の3-4級を団体受検した。

これまで息子は当該検定を受検したことがなかった。
その場合、中1で3-4級、中2で1-2級を団体受検するようだ。
中3ではGTECを受検するのかなと思っている。


秋になってから当該検定の受検に関する連絡が届いていたけれど
その後しばらく、これについては気にしていなかった。

検定の10日ほど前になって息子がその受検日を教えてくれ、
どのようなテストなのか一緒に軽く見ておくことにした。

 

JET 3-4級

 

3-4級はリスニングが35問(30分)にリーディングが20問(15分)。
すべて3択のマーク式で、
145~180点で3級、105~144点で4級合格が認められる。

リスニングではどの問題も2回ずつ読まれることもあり、その時間が長く
リーディングは内容を考えると時間設定が短めであるように感じられた。

 

リスニング

 

リスニングについて、
最初は、問題冊子にある絵に該当する単語あるいは文を選ぶ問題、
次に、聞いた会話に当てはまる絵を選ぶ問題、
絵を見て質問に当てはまる答えを選ぶ問題、
聞いた質問に当てはまる文を選ぶ問題と続く。

使用される語は、名詞にせよ動詞にせよ、
ネイティブであれば幼児期に最初に獲得する日常語であるように思われた。

その意味で、最初のほうはとても簡単なテストに見える。

しかし一方で、日本人が外国語として英語を学ぶ際、
難解な表現は知っているのに、案外身近に触れるような単語を知らないで過ごすことも多いように感じ、
その意味ではこういった検定の前にその穴を塞ぐのは大事だと思った。

息子の場合、小学校の英語で使用されていた『WordBook』を簡単に復習しておくことにした。
「草花」、「昆虫」、「動物」、「野菜」、「文房具」等々といったカテゴリごとに
カラーの絵付きで単語がまとめられていて、良い復習になると思った。

 

リーディング

 

リーディングになると、当初、
息子にとって試験時間が15分というのは短いように感じられた。

リーディングでは、
絵を見て文の空欄に該当する単語を選ぶ問題、
次に絵はなく文の空欄に当てはまる単語を選ぶ問題の後、
表(あるいはグラフ)や文章を読解し正しい答えを選ぶ問題が4題続く。

日本人にとっては、
リスニングであれほど簡単な単語を尋ねていたわりには、
読解の文章で使用される単語や文法が高度であるような印象を受けてしまう。

これが日本で開発された英検と、アメリカで開発されたJETとの違いであるように思った。

つまり、当たり前だが、
JETでは「この単語は高1で習う」とか「関係代名詞や完了形は中3で習う」などといった概念は皆無なので、
その文章には、そういった単語や文法も平然と並んでいる。

ただ、これまた日本との違いだと感じたのが、
そもそも問いの種類が違うということだった。

日本のテストでは、詳細をきちんと読んで
似通った選択肢の中から、そこで述べられていたことと合致するものを選んだり
正確に記述したりする必要があることが多い。

しかしJETの場合は、そもそもその文章では何について触れられているかを
ざっくりと把握できていれば良いようだった。

下(詳細)から上、ではなく、上(大局)から下
といった情報へのアプローチの仕方の違い。

当初息子は下からのアプローチをしていて時間がかかっていた。
息子はまだ読むこと自体が遅く、知っている単語数は少なく、骨子だけ読むにも構文さえ把握できていなかったりした。

だから、文章のタイトルや最初の2~3行は大切だけれど、その後の詳細に関しては
先に問題文や選択肢を見て、それらについて触れているか否か、
姿勢を正して本文全体を眺めると良いよと伝えた。

日付だとか時刻だとか、文章内で数字で表されるものは存在の確認がしやすいし、
問題文に固有名詞が入っていればそれも目印になる。
詳細を知りたければその近辺を読めばいい。

大局観を掴むこと、
これは普段日本語で様々な情報に触れる際にも大事な視点であるように感じる。

www.jet-japan.ne.jp

www.lepton.co.jp

 

最後に

 

結果は約1ヶ月後のようだ。
スコアレポートというのもいただけるようだから、それをまたその後の学習に活かしていきたいもの。


学校では、定期試験のほかにも
ときどき外部模試の受験があったり、このような検定を団体受検させていただけたりする。

勉強のマイルストーンにもなるし、普段とは異なる視点に気づくこともできるので
とてもありがたいことだと思う。

この前日には、インフルエンザの予防接種も学校で受けることができた。
何もかも学校のお世話になっている気がする。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。