1年半で中学受験 2022 とその後

都内私立小に通い小6秋までSAPIXに通塾した男子の中学受験とその後。小5 8月、母親(私)が仕事を退職し受験勉強の伴走を開始。小6 12月、SAPIX退塾、2022年外部受験。栄東中進学。

定期試験に向けた勉強

 

今日は2学期期末試験の10日前。
今回は、前回の2学期中間試験よりしっかり準備をしようとしている。

先日の土曜日は月に一度の家庭学習日で、
土・日連続でまとまった勉強時間を持つことができた。

息子はどの教科の勉強もかなりスローペースなので
このように一日自由に時間の使用できる日はとても貴重。

学校のある日は、エンジンのかかりが遅いこともあり細切れの学習しかできないので、
一日たっぷり時間の取れる日にどれだけしっかり全体を見通した学習ができるかにかかっている。

明日は勤労感謝の日で、また一日という大切な時間が与えられる。

当初はこの日に模試の受験を考えていたのだけれど、
今回は期末試験に向け落ち着いて勉強する日にしようと決めた。

それが終わると、試験前には日曜日があと1回。

つくづく息子には塾などが向いていないと感じる。
自分なりにじっくり理解したり一人で演習を回す静かな時間が必要なようだ。

 

モチベーションと学校の存在

 

学校で配布された定期テスト計画表には目標となる順位や点数を書く欄がある。
今回、息子が自分で書いたその目標が高くて私は驚いた。

学校の先生方は、こんなマイペースな息子のモチベーションをも
上手に引き出してくださっているのかなと思った。

息子は学校のこと、先生方のこともときどき話してくれる。
それを聞いていると、これまでに比べ今通っている学校の先生方は
身近で親近感の溢れる存在なのかなと感じられる。

 

息子なりの頑張り

 

息子の通う学校では、期末試験の教科数も中間試験と同じ。
副教科は授業時間内にテストがあったりするらしい。

息子は教科別のファイル袋に各教科書・ノートなど一式を入れている。
家庭科のファイル袋もあるけれど、自宅でそれを開けることはほぼない。

「家庭科のテストも結構大変なんだよ。」と先日言っていたけれど、
これについてはすべて学校内で対応しているのかな。

私の知らないところで忙しくしているのかなと思った。

学校も小学校時代より遠いけれど、
「ぼくは今の電車のほうが疲れないよ。」と言っていた。

小学校の頃は電車がほとんどの時間地下を走っていて、都心に向かいかなり混雑していた。
でも今は大半が地上を走っている。
ドアが開いて外の風が入って来るだけでも全然違うと言っていた。

そしてほとんど「置き勉」をしていない息子の鞄はいつもいっぱい。
Chromebookも入っていてとてもそれが重かった日、興味本位で重さを量ってみたら18㎏もあってびっくりした。

学校がある日は最初に仮眠を取らせてと言ったり
なかなかエンジンのかからない日があったりするけれど、
息子は私よりもずっと忙しく頑張っているのだと思う。

 

最近嬉しかったこと

 

今回試験勉強をしていて嬉しいこと、
それは国語力が付いてきたのではないかと感じられること。

苦手な国語の勉強は1学期後半から私と一緒に進めるようになった。
夏休みには毎日一緒に国語読解の勉強をした。

すると、これまで読解問題を解くときは一問一問私が誘導するように問いかけていたのに、
最近は自分で読み、自力でどんどん解き進めてくれる。

しかも解くスピードが以前より速いし、間違いも少ない。
「力が付いたかも。」、「頑張ったから成果が出ているかも。」と思えるときほど嬉しいことはない。

まだまだだとしても、
そういった経験はこれからも歩いていく大きな励みになる。
つらい時も良い時も、すべての瞬間が貴重なのだと教えてくれる。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ   にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

nakataka.info

当ブログでは Google Analytics を利用して、アクセス解析を行うため にcookie を使用しております。
Google Analytics で集計したデータは当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。
なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。
Googleによるデータの使用については ポリシーと規約 をご覧ください。